ORIGINAL SOURCE
SELECTED ENTRIES
ADVERTISEMENT
SPONSORED LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SEARCH THIS SITE
<< コービン・ブルー、新作を語る | main | 赤ちゃんの名前トップ5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スーパーボウルはベアーズ対コルツ
【ORIGINAL ARTICLE】 It's a Bears vs. Colts Super Bowl (2007/01/22)
【TRANSLATION】 シカゴ・ベアーズとインディアナポリス・コルツが第41回スーパーボウルに出場する。2月4日、日曜日、両チームがNFLチャンピオンをかけて戦う。今回のスーパーボウルでは両チームのコーチ(監督)が歴史を作るだろう。ベアーズのコーチ、ロビー・スミスは41年の歴史でスーパーボウルに出場する初のアフリカ系ヘッドコーチだ。ベアーズが勝利した4時間後、スミスの友人、相談相手でアフリカ系のトニー・ダンジーコルツヘッド・コーチがスーパーボウル進出を決めた。「“私”がチャンピオントロフィーを掲げる初の黒人コーチとなればよいと思っている」と、スミスコーチはNFCチャンピオンの座についた後に語った。
シカゴ・ベアーズがスーパーボウルに進出するのは1985年以来のこと。ニューオーリンズ・セインツを39-14で下した要因は4度ターンオーバーした優れたディフェンスだ。ランニングバックのトーマス・ジョーンズは2度のタッチダウン、123ヤードのラッシュをした。キッカーのロビー・グールドは3度のフィールドゴールを成功させた。おれたちが試合をするのはスーパーボウルに出て勝つためさ」と、ラインバッカーのブライアン・アーラッカーは言う。
インディアナポリス・コルツのクォーターバックペイトン・マニングは、AFCチャンピオンシップをかけた日曜日のニューイングランド・ペイトリオッツ戦で、第2クォーター3-21の劣勢から、38-34の信じられない逆転勝ちに導いた。マニングは349ヤードのパスを投げ、1度のタッチダウンを奪った。ペイトリオッツは6回チャンピオンシップに挑戦し初めて敗れ、この6年間で4回のスーパーボウル優勝の望みも失った。
【COMMENT】 アメフト大好き。スーパーボウル、今から楽しみ(もちろん観ます、テレビでね)。ペイトリオッツは最近強すぎたから、これもありかなと。
【RELATED WEBSITE】
・NFL JAPAN
【RELATED ARTICLE】
・スーパーボールに向けてギアを入れる

今回の記事、お役に立ちましたか?→→Air Rankingみんなの英会話奮闘記もよろしく!
| Sports | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinshido.jugem.jp/trackback/188
トラックバック