ORIGINAL SOURCE
SELECTED ENTRIES
ADVERTISEMENT
SPONSORED LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SEARCH THIS SITE
<< すばらしきサンドイッチ | main | 1億年前のハチの化石 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カージナルス、ワールドシリーズを制す
【ORIGINAL ARTICLE】 Cardinals Win the World Series (2006/10/28)
【TRANSLATION】 セントルイス・カージナルスがワールドシリーズチャンピオンの座についた。第5戦、カージナルスは地元ブッシュ・スタジアムでデトロイト・タイガースを4-2で下した。セントルイスのウィーバーが好投、エクスタインが2打点を上げ、1982以来のチャンピオンとなった。
カージナルスがシリーズに勝利するとは考えられていなかった。カージナルスはレギュラーシーズンで83勝しかしていない。ワールドシリーズチャンピオンとしては最も少ない勝数だ。シーズン後半、カージナルスはスランプに陥り、プレイオフ進出を逃しかけた。
「世界に衝撃を与えたよ。信じられない経験だ」カージナルスのセンター、エドモンドは語る。
ブッシュ・スタジアムは最後のアウトをとった後、選手とファンの祝福が爆発した。空に花火が上がった。エクスタインがMPVに輝いた。「誰もおれたちのことを信じていなかったけれど、おれたちは自分たちのことを信じていたよ」と、エクスタインは言う。
エクスタインは第4戦に4安打を放ち5-4と勝利を導いた。タイガースのエラーも相手を助けた。タイガースのエラーはシリーズ通算8個、その内5個がピッチャによるものだった。
ピッチャーの好投もカージナルスの勝利に貢献した。第3戦、カーペンターの好投でカージナルスは5-0と勝利した。カーペンターはナショナルリーグのサイ・ヤング賞に選ばれている。第3戦では、8回を被安打3本、6奪三振、無四球で抑えた。
タイガースはロジャースの好投で第2戦に勝利した。ロジャースは8回を2安打に抑え、チームは3-1で勝った。ロジャースは過去2人目となる1プレイオフシリーズ3試合無失点投手となった。
セントルイスは初戦でも好投。が9回まで投げ7-2で勝利した。カージナルスのレイエスが9回まで投げ、セントルイスを7-2の勝利に導いた。ローレン、プホルスがホームランを放った。
【COMMENT】 今年は、ファイターズ、カージナルスの優勝の瞬間をテレビで観ることができました。選手たちが喜ぶ姿を見るのはとてもうれしいことです。田口選手もよかったですね。
【RELATED ARTICLE】
・ホワイトソックス、ワールドシリーズ制覇!
【WORDS】
drive in 打点をあげる

今回の記事、お役に立ちましたか?→→みんなの英会話奮闘記もよろしく!
| Sports | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:28 | - | - |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kinshido.jugem.jp/trackback/151
トラックバック